いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

地震持ち出しリスト!避難するときの最低限の持ち物・現金などについて

   

災害・地震のときの備えは万全にしておきたいですよね。
非常時の持ち出し物として何を置いておくべきなのか気になります。

ただ、非常持ち出し袋を通学・通勤中も常に持ち歩くのはかなり厳しいと思いますので、
最低限の持ち物に関してもお伝えします。

会社・学校に何か装備を置いておくべきか、
家にはどんなものを備えておくべきか、
通勤・通学中に地震にあったときはどうするか
などをこの記事ではお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

地震持ち出しリスト

以下に書いてあるのが総務省消防庁や内閣府が選定した災害時の非常持ち出し品リストです。

■必需品
◇食料品
 3日分は必須。インスタント食品、乾パン、缶詰
◇飲料水
 3日分は必須。目安は1人1日3リットル
◇医薬品
 消毒液、傷薬、胃腸薬、かぜ薬、脱脂綿、ばんそうこう、包帯など
◇日用品
 ちり紙、懐中電灯、ラジオ、電池、缶切り、ナイフ、マッチ、生理用品
◇衣類など
 毛布、下着、セーターやジャンパー類、軍手など厚手の手袋、防災ずきん、ヘルメット
◇その他
 現金、印鑑、預金通帳など。赤ちゃんのいる家ではミルク、ほ乳瓶、紙おむつ
■あると便利な品
◇食料品
 アルファー化米(水だけで戻せる)
 チョコレートやキャラメル(糖分補給)
 調味料(塩:脱水防止、酢:疲労回復)
◇飲料
 砂糖の少ない飲料(甘い飲料はのどが渇きやすくなるため)
◇医薬品など
 とげ抜き、目薬など
◇日用品
 ウエットティッシュ(止血、清浄など)
 油性ペン(連絡、伝言など)
 粘着テープ(散乱ガラス除去など)
 タオル(止血、防寒など)
 ビニールシート(防寒、防水など)
 キッチン用ラップ(止血、防寒など)、アルミはく
 ポリタンク(生活用水運搬、トイレなど)
 ごみ袋(防水、荷物運搬など)
 ライター(防寒、救助信号など)
 スリッパ、洗面用具
 使い捨てカイロ
 カセットコンロ
 紙コップ、紙皿
 予備の眼鏡

以上のものがあげられています。
それ以外にも、
・アルミシート(レジャーシートのようなもの、保温のために)
・水のいらないシャンプー
・髪ゴム・ヘアゴム
・マスク(ノーメイクでも平気、風邪防止など)
・飴
・空ペットボトル(水をもらいに行くときなど)
・鍋焼きうどんのセットの鍋(軽いし丈夫)
・笛(救助を待つときに簡単に音が出せるため)
・防水ライト
・手回しラジオ
・太陽光で充電できるスマホ充電器

などを持ち出すといいという話もありますね。

スポンサードリンク

地震で避難するときの最低限の持ち物

でも、総務省さんが言っているだけのものを常に持ち歩くなんて無理w
それに、余裕がないと全部は持ち出せないかもしれません。
なので小分けにした方がいいですね。

・最低限の現金(小銭・紙幣)
・絶対必要な薬類
・ラップかビニール
・大き目のタオルかハンカチ
・ウエットティッシュ(止血、清浄など)
・ポケット包帯
・油性ペン(連絡、伝言など)
・飴・ゼリー飲料など軽めのもの
・少量でもいいので水
・塩分多めのもの・塩そのもの
・ヘアゴム
・マスク
・携帯用スマホ充電器
・予備メガネ(コンタクトの人は必ず)

+防寒着(玄関先に掛けるか、折りたたんで小さくなるようなものを鞄の中に)

あたりを持ち出せると1日2日は軽傷で大人ならどうにかなると思います。
これくらいならかさばらないので、ウェストポーチなどに入れて玄関先に下げておけば家の中がぐちゃぐちゃになっても比較的持ち出しやすいと思います。
防寒着も玄関先に掛けるためのフックを作るか、収納力の高い防寒着を入れておくといいかもしれません。

第二陣として持ち出すように、残りの持ち出し用の物は別のリュックなどに入れましょう。

また、会社・学校などにもこれくらいのものは置いておくといいかもしれません。
ハイヒールを履いて仕事している方の場合、運動靴もロッカーに忍ばせておくと帰宅時に役に立つと思います。
(がれきなどがあることを考えると安全靴の方がいいのかもしれませんが、靴自体重いものも多いので体力と相談だと思います)

地震から避難するときに現金・通帳・証券類は必要か?

現金は少しは必要です。
公衆電話(少ないですが…)を使いたい場合は10円が必要ですし、外出先から避難・帰宅時にも現金があって困ることはありません。
何か物を緊急で買う場合もあるかもしれません。
タクシーで外出先・学校・会社から家まで帰れるくらいのお金は用意しましょう。

一方、通帳・証券類は最悪持ち出せなくてもどうにかなります。
本人確認書類などが手元にあれば意外とすぐ発行してもらえますし、免許証などが手元になければ免許証再発行→通帳などの再発行もできます。

ただ、火事場泥棒のようなことで、印鑑と通帳を一緒に置いておくと引き出されてしまう恐れもありますので、印鑑と通帳は一緒に保管しない方がいいと思われます…。
これは災害等関係なく普段から気を付けた方がいいですね。
(防犯対策として、登録と違う印鑑と通帳を輪ゴムで留めておくという方もいらっしゃいます。自分も間違えそうですがw)

まとめ

以上災害時に必要なものまとめでした。
地震がおこらないにこしたことはないですが、万が一の備えも万全にしましょう!

スポンサードリンク

 - 未分類