いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

法事の服装で女性がパンツはOK?法要のときの平服・着物とは?

   

法事のときにお手伝いをするから・遠方だからという理由で女性がパンツを履くのはOKなのか?

また、平服というのはどの程度を指すのか?
着物を着た方がいいのか、着物なら喪服でなくどんな着物を着ればいいのか?

という疑問についてお答えします。

<追記>
急いでいるときに限ってネットで検索するとお葬式関係ページがバラバラしか出てこない!
ということでひとしきり葬式の服装・マナーなどまとめてみました→コチラ(内部リンク集)

法事以外にも、葬儀のときの服装のマナーなどがまとめてあります。ご参考までに。

スポンサードリンク
  

法事の服装で女性がパンツはOK?

曖昧な答えですが、地域・周りの服装・亡くなってからの期間によります

四十九日までは、基本的に喪服でお葬式・お通夜に準じたものを着ます。
そのため、パンツはなるべく避けた方がいいと思われます。

一回忌・一周忌までは、施主側として参加するなら四十九日と同じです。
参列者としてなら、完全な喪服ではなく、黒か地味な色の外出着(グレー・濃紺など)を着ることが多いです。
パンツスーツでも許してくれる人も出てくるかも、くらいでしょうか。
参列者なら手伝いをすることもないでしょうから、スカートの方が無難ですね。

三回忌以降は、身内は喪服か黒い喪服でない服を着ます。
参列者なら、平服(グレー・紺・茶などの色)を着て、アクセサリーは光る素材・派手な物を避ければOK。
パンツスーツでも良いとする人も増えてくるかなと思います。

とはいえ個人的には、パンツスーツはマナーとして良くないと思う方が世代が上になるほど増えるので、基本的には避けた方がいいのかな?とは思います。
一般的には高齢の方ほど故人に近しい付き合いをしている人が多いと思いますので、余計気になる方が多いと思います。

法要のときの平服とはどの程度なのか?

法事に「平服でお越しください」と書いてあるものの、平服ってどんなの…?と思いますよね。
平服とは礼服ではない服の意味です。
つまり、男性なら普通のスーツ、女性なら外出着がそれにあたります。

ただし四十九日には喪服相当のものを着ますのでご注意ください。
また、施主側の服装より格の高い、喪服に近い服装をすると失礼にあたるので、なんとなく周囲と事前に確認した方がいいと思われます。

男性の普通のスーツとは、

・濃紺・濃いグレーで、無地かピンストライプが入っているくらいのスーツ
・白無地のシャツ、織り柄くらいまでなら許容されるかも
・ネクタイは紺など黒っぽい色、派手すぎない柄
ただ、念のため一回忌までは黒ネクタイも持って行った方が対応できると思います。
・靴・靴下は黒・紺・濃いグレー

NGなのは、カフス・金の腕時計・ネクタイピンなど光るアクセサリー類です。特に金は避けた方がいいですね。

女性の場合の外出着とは、

・黒・紺・茶など地味な色・アンサンブルまたはワンピース
ひとまずワンピース+セットの上着なら外さないと思います。
同素材のアンサンブルでも大丈夫ですね。
夏なら七分丈のワンピース、襟のなるべく詰まったものなら1枚でも着られるのでおすすめです。
スカート丈は膝下丈くらい。膝丈は若くて五回忌・七回忌以降なら大丈夫かも…?要確認ですが。

・ストッキングは肌色でもいいけど黒の方が無難

・靴はヒール
黒いシンプルなパンプスなら文句は言われないと思います。
ストラップ付はOK、シンプルなリボン付くらいまでなら法事なら大丈夫だと思います。
エナメルは七回忌など年数を追っていけば可なのかもしれませんが、個人的には避けます。

・鞄は派手すぎないもの
キラキラはもちろん不可、ブランドものはブランドをアピールするようなデザインは避けた方が無難です。
黒のシンプルな鞄が一番かなと思います。

NGなのは、男性と同じく光るアクセサリー類です。

法事の服装で着物と言われたら

三回忌くらいまでは喪服で親族だと参列します。
それ以降・告別式以外で身内でない方の場合だと、色喪服というものがあります。
着物の色喪服の方が方が洋装の平服よりも早くから着ますね。

喪服は、

・黒無地・五つ紋の着物
・黒の名古屋帯
・黒の帯揚げ・帯締め
・黒の草履
・黒のバッグ
・黒の扇子
・白の長襦袢・半襟・足袋

です。
腰ひもなど小物類も黒にするという人もいますが、そこまではこだわらなくてもいいとは思います…。

色喪服とは、

色は紫・グレー・灰がかった水色などで、
・無地の地紋なしか流水・雲・波などの地紋or江戸小紋で鮫小紋などの地味な小紋柄の着物
・上記のような色の帯、柄に水墨画のようなものを入れる場合もあり

のことを指します。

格は、
黒喪服と黒喪帯→黒喪服と色喪帯→色喪服と黒喪帯→色喪服と色喪帯
の順で、親族だと三回忌くらいまで黒い喪服を着ることが多いようです。

小物類は、最初は黒→喪が明けるに従い茶、灰、藍、紫、臙脂などを用います。

地方次第で、どの程度まで喪服でどの程度から色喪服になるか、小物はどうするかなどが変わりますので、周囲の方にしっかり聞いてください。

また、季節についてですが、夏に着物を着るつもりであれば、絽の着物を着る必要があります。
絽の喪服をいつから着るかは、6月は前半は袷で半ば以降は絽、9月は1週目くらいまでは絽でそれ以降は袷のイメージです。
本来は6・9月は単衣、7・8月を絽、それ以外を袷とするのが正式ですが、単の喪服を持っている人はかなり少なく最近は絽と袷で済ませることが多いとのことでした。(呉服屋さん情報)

まとめ

以上法事のときの服装についてでした。

基本的には、

親族← 法事 →参列者
喪服 お通夜  平服or喪服
喪服 告別式  喪服
喪服 四十九日 喪服
喪服 一周忌  喪服or平服
喪服 三回忌  平服

といったような着方ですね。

ご参考になれば。

スポンサードリンク

 - 弔事, 生活