いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

目薬をうまく さす方法!グッズ・道具・コツなど

   


目薬ってどうやったらうまくさせるのか不思議じゃないですか?
管理人は目薬を差そうとすると、目の外に1回…2回…と余分に垂らし、3回目くらいでやっと目に入り、4回5回と差したあたりでもう目の周りベショベショ大泣き……なんてことが常です。

しかも最近の目薬は赤色がついてるものも多いので、血の涙を流してどうしたの?笑とからかわれる始末。
よく女の子が言ってるアイラインが落ちちゃうとかそんなレベルですらない、ファンデーションまで落ちる……。
メイクがハンパなく落ちるから外で目薬させなかったんですが、治療上目薬を差さねばならなくなったのです。

そんな管理人でもうまくさせるようになった方法を見つけたのでこれはぜひお伝えするべきだ!!!!と思ったので記事にしました。
同じ悩みを持つ方(こんなひどい人はいない?)、朗報でございます。

単にコントロールが悪い管理人タイプの方は上の方法がおそらく向いていて、目薬が落ちてくるのが怖いタイプの方は一番下の方法が向いているのではないかな?と思いますので、自分がどちらに当てはまるかなー?と思いながら読んでみてくだ愛。

スポンサードリンク

目薬をうまくさす方法

目薬容器の位置をしっかりさせる位置に固定する方法です。

*左目の場合
1.左手の親指=目の下瞼と人差し指=目の上瞼をひっぱって目を大きく開きます。
人差し指の第一関節が目の真ん中あたりに来るようにします

2.左の中指と薬指で位置を決めるように目薬を挟みます
人差し指の第一関節と中指の第一関節の位置がおおよそ揃うようにします。←ここ大事

3.右手を目薬にセット&目薬の容器を押して目薬を出せるようにします
左手の位置関係をずらさないように要注意

4.頭を傾け丁度真上になったところで右手をプッシュ!

注意
2の位置決めのときに、目薬の容器の下の方を持ちすぎると傾けたときに目に目薬の容器が刺さります。
そこまでいかなくてもまつげに接触します。不衛生になるのでお気を付けください。

右目の場合逆の手にすればOK

目薬をさすグッズ

いわゆる点眼器というものです。
いろいろあります。
「目薬 点眼器」あたりで楽天さんとかアマゾンさんで調べるとたぶんいっぱい出てきます。

スポンサードリンク

ただ、もっと不用品でがんばるなら、ラップの芯・トイレットペーパーの芯などの穴があいた筒を用意します。
なければクリアファイルを丸めてわっかにしてもいいですが…。
光を通さないものの方が、目薬が怖くて差せないタイプの方はいいかもしれません(目薬がはっきり見えなくなるので)。
コントロールが悪いだけならどれでも大丈夫ですw

その筒の片方を目に合わせて、筒のもう片方に目薬をセット、上を向き切ったと思った段階で落とせばOK。
長さは5センチくらいの方が個人的にはいいと思います。
あんまりにも高いところから落ちてくると怖くないですか…?
芯をカットして試したらまぁまぁ良かったです。

が、結局外で目薬を差したいという希望にはちょっと厳しいものが……。恥ずかしい。

点眼器も持ち歩きを面倒がらない人ならいいと思うのですが、私あちこちにものをおいてなくす達人なので、ちょっと厳しいですね…。
さっき上に書いた方法の方が個人的にはよかったです。
が、慣れは必要だと思われます。

そのほか目薬をさすコツ

目薬を差すのが怖い!って人の場合(管理人の場合は怖いんじゃなくて単純にコントロールが悪かった)、目を目薬容器からそらすと良いとのことです。
あさっての方向を見れば目に入らないので怖くないと。
白目部分に差すイメージですね。

さらに、コントロールが悪い管理人タイプにはむしろ逆効果でしたが、目の下瞼を引っ張って、赤い部分に差すイメージで(要は中心からずらしたところに)目薬を差す方法も組み合わせると、目を閉じちゃうから目薬が差せないって人には良いようです。

目薬が怖い人は、反射的に目を閉じてしまいがちとのこと。
それを避けるために、自分で目に目薬容器が入らないようにすると、目薬が目に入りやすくなるようです(ややこしい)

が、コントロールが悪い人にとっては逆効果ですよ!
的の中心からわざと外したところを狙ってるわけなのでそりゃ当たるはずないよね!という…。

まとめ

コントロールが悪い人は、位置をしっかり固定する。
目薬が怖い人は、目薬が見えないように工夫して目薬を差す。

今回挙げた方法はその一例です。使いやすいようにアレンジしてください。

まぁ、言ってしまえば当たり前の話ですが、考えようと思わないとここまでしっかり考えませんしね…w
ご参考までに。

スポンサードリンク

 - 生活