いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

葬式の手伝いのエプロンの色、服装。葬儀の香典はどうしたら?

   

葬式の手伝いのマナー、気になりますよね。

女性の場合、何を持っていけばいいのか、エプロンの色はどうしたらいいのか?
男性の場合、どんな服装にすればいいのか?
香典はどれくらいにすればいいのか???

そんな疑問について管理人なりにお答えします。

葬式のエプロンの色

女性で葬儀の手伝いを…となると、エプロンなどを持って行った方がいいと思います。
特に自宅で葬儀をするときは必須。葬儀場で行うならできたら持って行ったらというところです。

それ以外の持ち物は、白か黒のハンカチ・数珠・バッグ(できたら布製。革製でも可)・袱紗と香典あたりですね。
服はいわゆる喪服・ブラックフォーマル+パールのネックレス、光物がない状態で行けばOKです。

エプロンの色としては、普段使いの赤やピンクは不可です。
それ以外の割烹着がいいのか、エプロンがいいのか、白がいいのか、黒がいいのか、紺でも大丈夫なのか?などは地域差がかなりあります。

年上の方に聞いてみましょう。

白の方がいいという人は、
・パッと見て身内のお手伝い役の人とわかるのがいい
・白の方が清潔感がある
など意見があるようですし。
白でも刺繍・フリルの多少は一般的には大丈夫のようです。

黒の方がいいという人は、
・喪服が黒だから黒が当たり前
という意見のようです。

管理人の個人的には黒のアームカバーと、黒のエプロンがおすすめです。
というのも、喪服の袖が汚れるとなかなか面倒なので。

まぁ年上の方に聞いて、それ通りにするのが無難かな…と思います。

葬式の手伝いの服装

男性が葬儀の手伝いを…という場合は、会社関係で行くことが多いと思います。
その場合は、一般的な葬式の服装をしていった方が無難ですね。
(着替えるタイミングがあるのか謎なので)

スポンサードリンク

注意点は、靴がボロボロでないか?という点です。特に内張りとか踵とか…。
(靴を脱いで手伝う可能性もあるため)

また、夏の暑い時期に葬式の手伝いをするなら、白か黒のハンカチ・タオルハンカチは必須です。
シャツは上着を脱いで作業する可能性が高いので、念のため長袖の方がいいかと思います。
暑いでしょうが、周りに合わせて腕をまくるなども長袖ならできますので。

ネクタイ・上着は持参で、現地に行ってからささっと着るとか、周りに合わせればいいと思います。
どうしても暑いようなら夏物の喪服を買ってもいいとは思いますが、会場内は意外と冷房などで寒いこともあるので大丈夫かと思います。

冬の時期で寒そうなら、上着の外から見えないベストを着るという方法もあります。
黒いものにしましょう。

葬儀を手伝う場合の持ち物は、女性と同じく数珠・香典(袱紗とセットで)が必要です。

葬式の手伝いのとき香典はどうしたら?

自分以外の受付の方に香典を渡すか、しばらくしてから自分の名前を書き加えれば良いと思います。
香典はもみくちゃにならないように袱紗に包んでいく必要があります。

不祝儀なので、の袱紗(緑、紺、藍、鼠色でも可)に包みます。
紫は祝儀でも使えるいろなので、吉祥の絵柄が刺繍されていないかだけは確認しましょう。

爪のついたものの場合、爪を左におき、右側を折りこみ、下、上、の順にたたみます。
最後に左側から右へたたみ裏に回して爪でとめればOK。

台つきの袱紗の場合は、不祝儀は緑などの抑えた色目になっているはずなので、朱色でない側を見えるようにセットします。
渡すときは袱紗ごと渡さないように注意ですね。

まとめ

以上お葬式の手伝いのときのあれこれについてまとめました。
お役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

 - 弔事