いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

夏バテに効く飲み物?梅ジュース・レモンのドリンク・トマト

   

夏バテに管理人は毎年なりますw
で、いい加減今年は学ぼうと思い、夏バテに効くものを調べてみました。
どうやら夏バテにはビタミンC・クエン酸・ミネラル・タンパク質などの摂取が必要とのこと。

とはいえ、夏バテと一言で言っても、
・栄養を摂取できてないから(食事ができていないから)バテるのか、
・疲れが回復できないからバテるのか、
・汗を普段より掻くのに、いつも通りの水分・塩分・ミネラルを取ってないからバテるのか、
人によってさまざまだとは思いますが、今回は栄養摂取よりも疲労回復・水分・ミネラル補給に重点を置いた飲み物を紹介したいと思いますー。

あ、栄養を摂取できてない!と思うなら、普段よりお肉やウナギを多めに食べたり、素麺などあっさりしたものでいいのでしっかり食べるのが近道だと思いますよ。

スポンサードリンク

夏バテに効く飲み物

夏バテに効く飲み物その1として、トマトジュースをあげたいと思います。
下2つと比べて何がいいかって?

市販品をそのまま飲めることです笑
いくら体にいいからって言ったって、夏バテしててダラダラしたいときにジュース作れって?めんどくさいーってなりません?

トマトジュースのいいところは、ビタミン・ミネラルなどが含まれていて、筋肉の疲労回復を促す効果があることです。
また、リコピンやβカロテンが含まれているため、免疫機能の活性化・抗酸化作用により紫外線対策にも効果があります。

ということで、とりあえず朝に一杯飲んでから学校・会社に行けば夏バテ予防になるんじゃないかな?と期待。
管理人も、確かに1か月くらい肉体労働を真夏にしていた時期に、トマトジュース飲んでたら草臥れ具合が全然違った経験あり。
汗をいっぱい掻きそうなら、食塩無添加のトマトジュースなら塩を少々入れて、そこにお水を一杯余分に飲むと水分補給になってなおいいかも(経験上)
普通にお出かけならそこまでしなくてもいいかなと思います。

たぶん野菜ジュースでも似たような効果はあると思われます(βカロテンはよく野菜ジュースに入ってるニンジンにも入ってるので)。
が、野菜ジュースって基本的に甘いので、水分補給にはあまりならないかも…?

もうちょっと手間を加えるとしたら、見つけたレシピ曰く、
市販のトマトジュース(無塩)300mlに、塩を2.5gと砂糖24gを加え、しっかり混ぜた後、水700mlで薄めるとあっさり飲めるとのこと。
味は試してないので、謎です。

夏バテに梅ジュース

これはトマトジュースと違って加工が必要です!
が、加工した手間の甲斐あっておいしいのでご紹介。

一般的な梅ジュース・紫蘇ジュースはググればたくさん出てくるので割愛して。
台湾で有名な酸梅湯(サンメイタン)の作り方です。甘酸っぱくておいしい。

スポンサードリンク

基本的なレシピは、烏梅(うばい)、山査子(さんざし)、陳皮(ちんぴ、蜜柑の皮)、甘草(かんぞう)が入ってるもので、
そこに洛神(らくしん)、紫蘇葉(しそよう、単なる紫蘇)、桂花(けいか、ジャスミン茶)を入れることもあるようです。
烏梅は真っ黒(烏色になるまで)燻製にした青梅です。

入手はやや難しいけど、近くの漢方薬局に行ったら烏梅と山査子と甘草は売ってました。
陳皮はコンビニなんかでも売ってる蜜柑の皮の砂糖漬けとか、マーマレードで代用できます。
味を見ながらどうぞ。
烏梅:山査子:陳皮:甘草=20:60:20:5 くらいの割合が一般的。
甘草と陳皮が甘さの元なので、 甘いのがお好きな方は陳皮・甘草を増やすといいかも。
燻製っぽい煙の感じが嫌いなら、烏梅を減らしてください。
煮だす時間は15~30分ほど、そのあと茶こしで濾せばOK。
煮出す前にごみなどついてないか軽く洗うかはたいてください。

紫蘇を加えるとかなり色が鮮やかになりますが、まぁめんどくさいっちゃめんどくさいのでなくてもいいかな…?
入れるとしても1,2グラムなので。

キットも売ってる様子。
http://www.tim-ma-ma.net/?pid=18325938(通販サイト)

烏梅にクエン酸がかなり含まれていること、山査子に胃腸を元気にする効能があるとのことで、中国ではかなりポピュラーです。
中国に行っていた際、これにかなり管理人は助けられたのでおすすめ。
味は一般的な梅ジュースにコクと燻製っぽい風味がついたジュースだと思っていただければいいかなと思います。
甘いのに砂糖が少ない(桂皮の分だけ)だし、飲みやすいので水分補給にぴったり。
効きそう!って自分が思う分量でお好みに調整してください。

夏バテにレモンのドリンク

レモンドリンクもクエン酸とビタミンCがいっぱいなので疲労回復にぴったり。
塩・砂糖のいれすぎにだけご注意ください。

水200ccに、レモン2・3枚、オレンジ2・3枚、ミント一つまみ、塩少々、砂糖お好みでできます。
いわゆるおしゃれなレストランででてくるミント水ってやつですね。
1日くらい冷蔵庫でつけ置けばOK。(あんまりつけ置きすぎると腐りますよ!)

塩か砂糖どっちかは入れないとびっみょーな味になりますのでご注意ください。
砂糖多めに入れるかシロップ漬けにして、炭酸水で割ってもおいしいと思います。

管理人は炭酸苦手なのでやりませんが…w

まとめ

基本的に手抜きをしまくりたい管理人なので、容器を一つ以上汚さない作り方しかのせてません。
しかも毎回適当にしか計量してないので毎回味が変わりますが、それでも上記分量から大外れさえしなければ飲めます、ご安心ください。

どのドリンクにしても、開封後・作成後それほど日持ちはしませんので、飲み切りの期限にはご注意ください。

スポンサードリンク

 -