いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

社会人のレポート 本について書く?感想文の例文、課題図書の書き方

   

・社会人にもなって読書感想文を書くなんて思わなかったというあなた
・課題図書についてレポートと感想書けと言われたあなた
・課題図書を読んで自分なりの問題意識と解決策を提案しろと言われたあなた

そんなあなた向けの記事です!

社会人・大学院などで課せられる読書感想文・レポートは、いわゆる読書感想文の「○○がすごいと思いました!私も○○みたいになりたいです」が通用しない場合が多々ありますね?

どこに気をつけて書いたらいいか、プロット・構成についてまとめました。

スポンサードリンク

社会人のレポート 本について書く?

一般的に、社会人のレポート・感想文では、本に書いてあったことから自分なりに学んだこと・考えたことなどをしっかり書く必要があります。
特に、これからの自分の会社生活・業務に生かせるような内容を書くことを求められています。

そのため、ここからが自分のオリジナルの意見・ここは筆者の意見と、自他の区別をはっきり分けましょう。
意識しないと混ざってしまいがちだと思いますので、主語述語をはっきりさせましょう。
「筆者は~述べている」「私は~と思った」などとすると自然と分けられると思います。
最後に読み返した時に、これは本当に筆者が言っていたのか?という目で読み返すとなお良いと思います。

そして、自分の学びについてしっかり語るために、
・問題提起
をしっかり入れることを勧めます。
そうすると、問題意識がピンポイントに定まり、ブレない議論をしやすくなります。
・「今までは○○だと思っていたが、この本を読んだことで××だと思うようになった」
・「筆者が○○と述べたのを読み、自分の業務の××という部分について筆者の言う通り○○すべきでないかと思った」
・「筆者が○○と述べているが、私は××という視点が抜け落ちているように思う」
などとあらすじの直後に書き出すと、本の影響によって自分の考えがどのようにかわったか明らかになるのでいいかと思います。

社会人の感想文の例文

では次に、ざっくり例文を書いてみます。

構成は以下の通り、基本通りに
・あらすじ
・本に書いてあることから思ったこと(共感、反感、驚き、感心など)
・そう思った理由
・学び
・まとめ
でオーケーだと思います。

課題図書が決まっている場合が多いと思うので、あらすじ部分は1~2割くらいにとどめ、学びについて深く書く必要があります。

例えば、ビジネス書を読んだ場合。(直近で読んでいた本を参考にしてます)
あらすじ
現在の社会に閉塞感があるのは、社会がどのように変化したためであるかを議論をしている本である。筆者は、主に以下の二つの変化を挙げている。一つは、今まで通りの経済成長が不可能になりつつあること。もう一つは、人々の価値観に大きな変化が訪れモノをすることを重要視するようになったこと。その変化が訪れているのに、政府や大企業は対応できておらず、先行きが不透明に見えるため、社会に閉塞感があるとのことだ。

スポンサードリンク

思ったこと
この著者の主張を読み、私は大企業が変化に対応できていないというのに納得した。
大企業も既得権益を手放さないように努力するだけでなく、新しい経済成長に依存しないビジネスモデルを作らなければならないと思った。

その理由
なぜなら、企業・企業で働いている私たち自身が不幸になる可能性があるからだ。
新しいビジネスモデルを構築できないと減っていくばかりのパイを取り合う厳しい競争にさらされ、労働時間が伸びたり、収益が減ったりして企業にとっても、従業員にとっても悪影響である。
また、企業が変化に対応できなかったり既得権益を何があっても保持しようとしたりすると、その企業自体が社会全体に悪影響を与えるものになってしまうと筆者も述べていた。
それは社会全体にとっても望ましくないものである。

問題提起&学び
では、社員である私に何ができるだろうか。
一つ目は、新しいビジネスモデルの構築に役立ちそうなアイデアを見つけるように高くアンテナを張ることである。
二つ目は、アイデアを見つけたら、自分のうちだけにとどめておくのではなく、同僚・上司と共有することである。
三つめは、部下から奇抜とも思えるアイデアを言われたら、頭ごなしにそれはおかしいというのではなく寛容な姿勢で意見を聞くことである。
(中略。1~3つ目までの話を詳しく各々書きます)

まとめ
大企業が社会の変化に対応できていない現状がある。
今後の社会全体のため、当社のため、社員のために、新しいビジネスモデルの構築をしなければならないと筆者と同じく私も感じた。
新しいビジネスモデルの構築のため、社員である私は、高くアンテナを張り自分自身でアイデアを持ち、アイデアを社員同士共有しあえる穏やかな雰囲気づくりをすべきだと思った。

というような形でよいかな?と思います。

短くするなら、あらすじ→まとめ→思ったことの理由→思ったことの順で省略していってください。
問題提起&学びの部分が一番重要です。

社会人 課題図書があるときの書き方

基本は上記の構成でいいとは思いますが、字数が少ない場合(300文字など)については、課題図書があるならあらすじは不要だと思います。

また、課題図書が複数あり、1つのレポートにまとめなくてはならないときは、
・Aの著者は○○と言っていたが、Bの著者は○○と言っていた
・Aの著者もBの著者も○○と述べていた
というように対比したり共通点をまとめるように書くと書きやすいと思います。

まとめ

社会人の人向け、読書感想文・本のレポート・感想文についての書き方についてお伝えしました。

ご参考になれば。

スポンサードリンク

 - 夏休みの宿題, 生活