いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

七夕の食べ物はそうめん・ちらし寿司の理由?何食べる?

   

七夕の食べ物ってぱっと言われて出てきます?
冬至ならかぼちゃ、桃の節句ならハマグリのお吸い物、子供の日ならちまき、土用ならウナギあたりまでは出てきたんですが、七夕……?
管理人は出てきませんでしたw

ということで、一般的に何食べるのが一般的なのかな?ということを調べてみました。

スポンサードリンク

七夕の食べ物はそうめん

七夕は素麺らしいですよ!いわゆる行事食というやつ。
もとはどうも仙台の方の風習のようですがね。
一応七夕って旧暦だと立秋を過ぎた後に来るので、秋の季語=金=白なのか?(陰陽五行説ですね)と思ったんですがそういうわけはないようで…。

素麺のもととなるものは、すでに平安時代ごろにはあった模様。
元は平安時代に七夕の節句で小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる風習があったことからのようです。
このお菓子、和名では「むぎなわ」と言いますが、もとは中国生まれ。
中国では、「索餅(さくべい)」と呼ぶものです。
これを7月7日に食べる風習があったのが起こりだという説があります。
その故事に曰く、中国の帝の子供が七月七日に死に、一本足の鬼となって流行り病を流行らせたと。
その鬼(中国ではお化け全般を鬼と呼びますが)を慰めるため、その子供の好きだった索餅を供えたという謂れがあるそうです。

それ以外にも、単に素麺が裁縫に使う糸に似てたから(七夕は裁縫・技芸の上達を願う日でもあります)・天の川に見立てたという話もあります。

さらに、日本では七夕は機織女(たなばたつめ)の役割が神に布を収める祭事と結びついたとか。
これって収穫祭の側面もあるんですよね。
あと韓国の方でも小麦で作ったせんべいを食べる習慣がある(寒くなるため小麦粉料理の季節が終わるかららしい)という話もあるらしいとのも勘案すると、収穫祭の意味合いから小麦を食すようになったというところもあるのかもしれませんね。
資料なんかは大して調べてないので憶測の域を出ませんけども。

スポンサードリンク

まぁ、いろいろくっついちゃってほんとの由来はよくわかんない!というところなのかもしれませんねw
おいしく食べればいいですよね。そうめんおいしいし。

七夕にちらし寿司を食べる理由

素麺以外には、ちらしずしを食べる!って回答が多かったです。
こっちはそれほどいろいろ由来が見当たらなかった…。

まぁ昔は食事が質素だったので、お祭りの日くらいはごちそうを食べよう!という話のようです。
七夕は女性が手芸の上達を願う日という側面もありますので、女の子が喜ぶようにという気づかいだったようです。

ニンジンを星形にカットするとかわいく食べられそう。
あとほうれん草でササを表現するとかいかがでしょう。
今年ちょっとやる気出たらやってみようかな。やる気出なかったら素麺かな…w

それ以外に何食べたらいいんだ?

他は、最近は和菓子、特に羊羹が芸術的なものが多いです。
特に夏は透明な素材(求肥や寒天類)が使えますし、ガラスの器に盛り付けると涼やかさもひとしお。

七條甘春堂(京都のお菓子屋さん)の季菓「天の川」です。
http://7jyo-kansyundo.shop-pro.jp/?pid=31532411%3Cbr%20/%3E

まぁまぁ羊羹としては安い部類。900円ちょっとだそうです。
それ以外に、夏に有名なお菓子としては「京若鮎」あたり?
アユの形のお菓子で、中に求肥が入ってておいしいですよね。

ゼリーなんかも七夕仕様で出るところがあるそうなので、そのあたり食べてちょっとリッチな気分を味わうのも乙だと思います!

まとめ

七夕限定仕様の和菓子をおやつに、お昼に素麺、夕飯にちらし寿司でいかがでしょうか。
割と楽ちんメニューだし、お子さんと一緒に料理もちらし寿司なら特にしやすいとおもいますので。

以上、てきとうな感じになりましたけども、まとめでした。

スポンサードリンク

 - 七夕, , 生活, 行事食