いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

天体観測のスポット 東海?星を見るツアー・観察とキャンプ?

   

先日、夏休みの自由研究に星座観察はいかがでしょう?って記事を書きましたが、街中だとそうそう星座が見えるところも少ないですよね?
(しかもぼんやり上を見ていると交通事情的に危ない場合もあるし…)

ということで、自由研究にも使える&デートにももってこいな天体観測スポット・星空ツアーなどについてお伝えします。

スポンサードリンク

天体観測のスポット 東海

天体観測のスポットでおすすめなところをお伝えします。
自力で行って、星を好きなだけ見て、適当に帰りたいならこのあたりがおすすめ。
ただ、女性が一人で行くとなると、たまに怪しい輩もいますのでご注意ください…。
一人だとなんか不安だなーって方は次項のようなツアーがおすすめ。

茶臼山高原 (愛知県豊根村& 長野県根羽村) :たぶん東海地方だとここが一番くらいに有名。
豊橋(愛知県)方面からなら、国道151号線で北上。
名古屋方面からなら猿投グリーンロード(有料)を使い、国道153号を東に行き稲武町で国道257号に入り、 茶臼山高原道路(有料)へ。
(どちらの有料道路も、午後10時以降、無料で通行可能です)

管理人も行ったことがありますが、本当に星がよく見えます。
初めて行ったときにここは本当に自分が住んでる地方と一緒か?と思ったくらい。
高原なので、意外と寒いのと、風が強いのでウィンドブレーカーの持参をお勧めします。

上石津町 (岐阜県上石津町) :盆地のような場所で、光害の影響をあまり受けません。
国道365号沿い。名神高速道路関ヶ原ICでおりその降りた道(365号)を南下すれば町内にすぐに入ります。

熊野市 (三重県熊野市) :市内なのに、天の川が見えるそうです…。
国道42号線沿い。
高速使用の場合、名古屋から東名阪自動車道・伊勢自動車道(勢和多気インター)を使い、国道42号線を南下。
一般道路の場合、名古屋から国道23号線を南下、松阪市で、国道42号線へ。そのまま南下。

星を見るツアー

もうちょっと旅行も楽しんで、ツアーで行きたいって方はこのあたりおすすめ。

三重の美杉リゾート:http://www.misugi.com/index.html
標高1013mの大洞山山腹からの星空観測が楽しめるエコツアーです。
野生のシカにも会えるかも。
ホタルが見られる期間中はホタル鑑賞も同時にできるそうです。
4名様以上の場合 お一人様 ¥700(税別)
2~3名様の場合 お一人様 ¥900(税別)

宿泊施設にくっついた形なので、ごはんもおいしいし、お宿の心配もしなくてOKです。
ナイトツアー以外にもプール・蛍鑑賞ツアー・パン作り教室などいろいろやってますので、星以外の面でもおすすめです。

長野のヘブンスそのはら:http://mt-heavens.com/
富士見台高原ロープウェイのところです。

環境省認定の「星が最も輝いて見える場所」第一位とのこと。
ナイトツアーがあり、1400mの高原から星空が楽しめます。
星空ガイドもつくので、詳しく無くても安心です。
新宿からのバスツアーなど、他地方からも来やすいようになっています。

それ以外にも、プロジェクションマッピングなどいろいろやってます。おすすめ。
泊まるときは、昼神温泉に泊まればOKです。(温泉から高原までのバスが出ています)

星空観察とキャンプ

お宿に泊まりながらも微妙、でも一人で山に行くのも…というわがままな方は、キャンプ場併設の施設はいかがでしょうか。

東栄町のスターフォーレスト御園(天文台):http://www.town.toei.aichi.jp/koukyou/?p=1548
豊橋方面より、JR飯田線で東栄駅下車。町営バス東栄線「本郷」で下車し、町営バス御園線に乗り換え終点「天文台前」下車。
または、R151を北上し、R473を佐久間方面に向かう。新橋北の交差点を左折し20分。

車がなくても行けるのがいいですね。
公共の施設なので、宿泊費も3000円前後~あります。バーベキュー施設もあり。
大きな65cmの望遠鏡が目玉。
昼間もプラネタリウムなどで楽しめますので、昼間に行くのもいいですね。
バンガローに泊まりながら、心置きなく天体観測ができます。

旭高原元気村:http://www.asahikougen.co.jp/index.html

名古屋からなら、グリーンロードをつかい、国道153号線に入り、 途中で、県道に左折(わかりやすい看板あり)。
星空観察ツアーいろいろある体験コースの一つという位置づけです。
テントの貸し出しもあり、キャンプができます。

天文施設もあるので、観察しがてらキャンプに行くにはおすすめですね。

まとめ

夏は、キャンプ・天体観測などアウトドアにはピッタリの季節です。
星を今まで観察したことがない方も、まずナイトツアーなどから参加してみて、見分を広めてみてはいかがでしょうか。

 - レジャー,