いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

手作りプラネタリウムのキット?工作で簡単に・本格的なものも

   

先日、天体観測いかがでしょう?って記事を書きましたが、
そんな外まで行きたくないよ!って方向け!!

家で楽しめるプラネタリウムの手作り方法・キットなどについてお伝えしますー。
無料の型紙などもありますし、簡単に作れるものもあるので、夏休みの自由研究にも使えます。
意外と光源さえ工夫すれば本格的にもなりますのでお試しください。

スポンサードリンク

手作りプラネタリウムのキット

アマゾンさんで「手作りプラネタリウム キット」あたりで探すと山ほど出てきますw
その中でもおすすめのものをいくつかピックアップ。
キットの何がいいかって言いますと、完成品というか、家電のように売られている製品に比べて安価なことですね!
基本的には紙を組み合わせてドーム型のものを作ることになります。

エトワール・プラス:http://www.techno-sys.co.jp/plane/
星の明るさである等級まで再現されています。
・月と時間を合わせる事で好きな時の1年中の星が見ることができる
・理化学研究所の博士が開発をしたものなので星の配置が正確
とのこと。
星座線(星と星とを結ぶ線)ありとなしで選べます。
個人的にはあった方が楽しめると思います。

お値段2,800円(税抜き)也。意外とお安い。

大人の科学マガジン(プラネタリウム) :http://otonanokagaku.net/magazine/vol39/index.html
歯車などがキットに組み込まれていて、組み立てるキットです。
天の川までしっかり作りこまれています。
15分で1回転する自動回転機能なんかも搭載されています。

これでお値段3333円(税抜き)。
ちなみに大人の科学マガジンはこれ以外にもいろいろクォリティの高いキットを販売してます。
個人的なお気に入りはテルミンです笑
自由研究のネタにも使えると思いますよ。

プラネタリウムを工作で簡単に

上のものは有料キットでしたが、無料でダウンロードできるキット・型紙類もネットには存在しています。
もっとも、星の数なんかは手作業(無料型紙)と製品(キット)でだいぶ違います。
見た目でぱっとわかるくらいには。

ただ、星を見る気分だけ味わいたいなら、また自由研究の工作として使うなら、無料キットで問題ないと思います。

手作りプラネタリウムの型紙:http://www.jst.go.jp/csc/sciencecommunication/pastrika/kyouzai/data/02/02_02/02_02_03/02_02_03_05.html
JSTという公的機関が教材用として出している型紙です。
難易度としては結構簡単め。

スポンサードリンク

日本宇宙少年団の型紙:http://www.yac-j.or.jp/labo/list/
天体の6身近な材料でプラネタリウムを作ろう!がそれですね。

紙質をきっちり選ばないと、出来上がりが残念なことになる可能性ありなのでご注意ください。

紙は、ちょっと硬めの紙(ボール紙など)に印刷することをおすすめします。(0.4mmくらいまでなら家庭用プリンタでも印刷できると思います)
画用紙の白だと光が結構透けるので、せめて黒にした方がいいと思います。
一番いいのは、ボール紙の黒いものを買ってきて、コピー用紙に型紙を印刷したものをボール紙に貼る方法です。
この型紙、線が黒いので黒に直で印刷するとたぶん見えなくなりますので…。

プラネタリウム 手作りで本格的なもの

上記キット・無料型紙たちは基本的にピンホールプラネタリウムというもので、厚紙やそれに類するものでできています。
それよりさらに本格的に作りたいとなると、アルミボールで作る方法があります。
ボールを2つ組み合わせて球にするので、見た目もだいぶおしゃれ。

(材料)
塩化ビニル製またはアルミ製の半球2つ(厚すぎると穴が開かないので注意)
黒色のスプレー(よりおしゃれな見た目にしたい場合は艶消しの黒色を選ぶと良い)
ミニLEDライト

(道具)
キリ
ボンド
星図
油性マジック

(作り方)
1.半球に油性ペンで経緯度線を引く。上半球に星座の早見表など見ながら星図を書き写していきます。(ここで距離を測りながらするとさらに正確に)
2.星の部分にキリで穴をあけます。1等級など明るいものほど穴の大きさを大きくします。気持ち大きめに開けることがコツです。
3.塩化ビニル製のボールの場合、表面を黒色のスプレーで塗りつぶします。(光を通すため。アルミ製の半球の場合は塗りつぶさなくてOK)
4.下半球の頂点に、LEDライトがちょうど入るほどの穴をあけてライトを差し込む。
5.LEDライトが点灯することを確認したら、2つの半球をボンドで貼り付け(またはテープなどでとめて)球体にして、完成。

アルミ製ボールまでやりたくないなら、アルミ製の缶でも作れます。
が、経線・緯線までしっかりとって行うのは難しいかなと思います…。

まとめ

プラネタリウムを手作りするといっても、キットを使う方法、無料ダウンロードでざっくり作る方法、アルミボールを使って本格的に作る方法など様々あります。
これ以外に、製品として売られているプラネタリウムもありますし、家で楽しむ方法としてはたくさんありますね!

個人的には、キットで作るのがコスパ的に一番しっくりくるかなと…。
みなさんもお試しください。

スポンサードリンク

 - 夏休みの宿題, 生活