いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

亀山の花火大会2016!駐車場・アクセス・亀山市関宿納涼花火大会の屋台など

   

今回は亀山市関宿納涼花火大会について紹介します。

亀山といえば、ろうそくと関宿と液晶テレビの工場なんかが有名ですよね。(違う…?)
江戸情緒の残る街道で近くで花火の鑑賞はいかがでしょうか?

亀山市関宿納涼花火大会の日程・アクセス・見どころ・ビュースポットなどについてお伝えします!

スポンサードリンク

亀山の花火大会 2016

まずは基本情報から。
日時:8月20日(土)19:30~21:00(予定)
*雨天時翌日順延
場所:亀山市関町鈴鹿川河川敷
発数:2200発

上記日程はあくまで予定です。去年通りに開催されるとこれくらいになると思われます。

人出は例年15000人くらいです。
有料観覧席などはないので、河川敷近くに思い思いに座るなどして、屋台のものを楽しみながら観覧できます。
花火の少し前に入って、江戸の街道情緒を楽しんでブラブラしたあと花火を見るのも素敵ですね!

この花火の見どころは、スターマインやファイヤーミュージカル、メッセージ花火など。
カウントダウンセレモニーで幕を開け、そのあとは色とりどり・バラエティ豊かな花火を見ることができます!

関の花火 亀山の駐車場・交通規制

アクセスについてもお伝えします。

電車の場合
最寄駅:JR関西本線関駅から徒歩8分
*臨時列車あり 亀山駅から臨時列車が出ます
といいつつ大体例年だと一時間に3本くらい

車の場合
車で行きたい場合は、名阪国道・関ICから1km前後です。
駐車場は約250台ほど。
関小学校グランドなどが解放される予定で、無料で停められます。
関小学校からは歩きで大体15分程度です。

もし雨の日の次だと、グラウンドなので多少足元が悪いことを覚悟した方が良いかも…
また、公式の駐車場以外にある駐車場というとコンビニかスーパー程度。それほど期待しない方がいいです。
それか関ドライブインに停めることも早い時間なら可能かも。ただやや遠いです(30分はかかる気がする)。
つまり車で行くと駐車場に困る可能性あり!ということです。

しかも車だと例年混みます。
大体18:30ごろから国道1号・名阪国道関IC付近で渋滞になります!

電車でも行きやすい会場なので、電車の利用をおすすめします。

亀山の花火の出店・ビュースポット

出店は約70~90店の間をうろうろしているようです。
だいたい屋台でほしいと思ったものはそろう感じ。
やや早めに撤収になりますので、早いうちにほしいものは確保をおすすめします。

観覧場所・ビュースポットとしておすすめのところは、鈴鹿川の河川敷(会場内です)。
関駅から南に行くと会場があり、その会場の河川敷で見るのがおすすめ。

川下側よりは川上側の方がおすすめです。
夜の風向きは、通常川上から川下に風が吹くので、煙が被らない風上・川上側からご覧ください。

または、もう歩くのをやめて関ドライブインで見るか、近くに農道があるのでそのあたりで見るかというところですね。
とはいえ、河川敷が一番迫力もありますし、農道は不意に通る車などもあるのであまりおすすめはしません…。

関駅から北に行くと旧街道の関宿(1.8kmくらい)があります。
江戸後期~明治に建てられた建物群です。
会津屋さんなど旅籠の雰囲気をそのままにしたお店(おこわが食べられる)や、萌へ井さんなど天ぷら・そばのおいしいお店もあります。
そちらも行ってみるといいかもしれませんね。

まとめ

以上、亀山市関宿納涼花火大会についてお伝えしました!

ちなみに、冒頭で亀山はろうそくが有名だよ!とお伝えしましたが、カタカナでカメヤマローソクと書いてある青いパッケージが仏壇においてあるのを一度は見たことがあるのでは。
あれの発祥地です。
尤も2年くらい前、関宿の道の駅に行くと、ビール型のろうそく、日本酒型のアロマキャンドル(?)など様々お土産で売っており、最近はずいぶんハイカラになっているようですがw
仏壇などにお供えするグッズを買って、ご先祖様にも花火気分をおすそわけしてもいいかもしれませんね。

夏の花火大会、いい思い出になると思いますのでぜひ行ってきてくださいね!

 - お祭り,