いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

お中元は喪中でも送って良いのか?その時期と熨斗の選び方

      2016/04/06

先日は自分が喪中のときに、いつも通りお中元・お歳暮を贈って良いのか?
について書きましたが、

今回は先方(送り先)が喪中のときのお中元・お歳暮の贈り方について
お伝えします。

スポンサードリンク
  

お中元は喪中の人へ送って良いのか?

お中元・お歳暮は「お世話になったお礼」の意味合いです。

お年賀などハレや喜ばしい席などはケガレとして避けた方が良いとされますが、
お礼であればハレのニュアンスはありませんので、
喪中であっても送ることができます。

お中元を喪中先に贈ってよい時期

ただし、忌中(49日が過ぎる前)については、届かないようにするのが
一般的なようです。

したがって、お中元・お歳暮の時期にまだ忌明けになっていない場合は、
時期をずらします。

スポンサードリンク

立秋までであれば「暑中お見舞」
立秋をすぎれば「残暑お見舞」
または、お盆の時期であれば「ご霊前」などで出すことも可能です。

正月を過ぎた場合は「寒中見舞」で出すことになります。
正月を挟む場合、お年賀の挨拶にならないように、松の内(元日~1月7日)は避けます。

喪中のときの熨斗・送り状について

のし紙は、紅白の花結び(リボン結び)の水引か、白地のものにしましょう。

また、送り状にも気遣いの言葉・お礼など気を使わないでほしい旨など
書くと親切かもしれません。

まとめ

喪中の人へお中元・お歳暮を贈っても構いません。
あくまでもコミュニケーション手段の一つですので、
先方への気遣いを忘れないで、負担にならないようにしたいですね。

スポンサードリンク

 - お中元・お歳暮