いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

うなぎが嫌い レシピ!スーパーの生臭さをとる、骨を柔らかくする

   

「土用の丑の日」と言えば、うなぎを食べるので有名ですよね。
ちなみに、今年2016年は7月30日です。

唐突ですが、管理人はウナギが嫌いですw
なのに、毎年土用の丑の日にはウナギを食べろ!とばかりにスーパーにも鰻のかば焼きが並びまくりますね?
だから仕方なく、家族のリクエストもあって、ウナギを買うのです……。

世の中にはきっとウナギが嫌いな管理人のような人がいるはず!
そんな方向け、土用の丑の日をより楽しめる、ウナギのおいしい食べ方・レシピについてお伝えします。

スポンサードリンク

ウナギが嫌いな人のレシピ

管理人がウナギが嫌いな理由は、
・ずっと同じウナギのタレの味しかしない
・というか、かば焼きのたれの味が嫌い
・ウナギが苦い、生臭い
・ウナギの細かい骨が気になる
など。

管理人が食べられるウナギは、ひつまぶしになったウナギ・山椒まみれにしたウナギです…。
まず、タレの味が嫌いなら、薬味を使うか、タレを使わなければいいじゃないって発想のもと、見つけたレシピがこちら。

うなぎのヘンプスパイシーカレー炒め:http://cookpad.com/recipe/3410737
うなぎのガーリック炒め:http://winesuki.jp/recipe-and-wine/recipe/recipe_31.html

両方とも作ってみたけどちょっと大人向けでした。

ここまでしたくないなら、管理人がいつもしているのは、
◎ひつまぶし◎
・ほんだしを溶かしたお湯(出汁)を準備。
(お吸い物を作ったならその吸い地を多めにとっておけばOK。ほんだし以外の顆粒だしは塩をちょっと入れた方がいいかも?)
・ウナギをなるべく細く切って酒と一緒に電子レンジで加熱(8mmくらい幅・2分くらい)
・わさびをウナギにちょっと多めに乗せる
・出汁をアツアツのうちにご飯とウナギにかける

すると、骨っぽさと臭みが消えてます。
普通にウナギを食べるのより、切る手間とわさびを出す手間くらいしかかからないので、上のレシピよりはお手軽かな?と思います。

スーパーのウナギが生臭さをとるなら

1.水かお酒で焦げと余分なタレを落とし
2.酒50ccと一緒に電子レンジへ(2分くらい)

で生臭さはとれます。
深皿に入れた方がいいですね。

フライパンを使うなら、
1.はいっしょ
2.水40ccと酒40ccをフライパンへ、ウナギを投入(身の方を下)
3.ひっくり返して水分が飛ぶまで加熱
4.かば焼きのタレを絡める(市販でOK。みりんと醤油で味付けしてもOK)

味付けのし直しができるのでフライパンの方がいいかもしれません。
が、洗い物は面倒ですねw

この調理法だと身がふっくらするので、ふっくらした感じよりもぱりぱりが好きだったら、魚焼きグリルかオーブントースターで軽くあぶるといいですね。

生臭い理由は、ウナギは泥の中に棲んでいるため、その臭みが身につくそうです。
それをきれいな水の中でしばらく育てて、臭みを抜くそうですが、それが不十分だと臭みが残るとか。

または、単純に焼き方の問題・タレの問題で、焼きすぎ・タレのつけすぎなどで変な苦み・臭みが出る可能性があるそうです。
スーパーの方が極端に安物のウナギを使っているってわけでもなければ、たぶん焼き方があんまり上手じゃないみたい…?

これでも生臭みがとれなかったら、大根おろしも追加してお酒とウナギを電子レンジでチンすればいいそうです。

ウナギの骨を柔らかくするなら

骨は基本的に長く蒸してもあまり効果はないそうです…。
なので、上記臭み抜きの方法ではあまり効果なし。

となると、炊き込むか火を再度通せばいいよね!ってわけでコチラ
うなぎとごぼうの炊き込みご飯<野菜だしアレンジ>:http://www.lecreuset.jp/community/recipe/unagigoborice_yasaidashi/
骨まで柔らか♪圧力鍋でひつまぶし:http://cookpad.com/recipe/613463

火を再度通すのは面倒っていうなら、細かく切ってひつまぶし状態で食べるか、直接骨を抜くしかないようです。
ひつまぶし状態で骨が刺さった記憶はほぼないので、骨が心配なら細かくきれば大丈夫だと思います。

まとめ

ウナギが嫌いな方向け、レシピその他でした。
圧力なべで加熱、個人的にはいいと思います。

これ以外にもトマト煮だとか、シチューだとか、キッシュだとか、いろいろ洋風なアレンジもあるようです。
あくまで今回は、(管理人が)和風なウナギが食べたかったので、和風レシピばかり挙げてますが。

ちなみに、スペインの方ではウナギを食べると聞いたことがあるので、あのあたりのレシピとはあうかもしれません(違ってたらすみません)。
これで今年の土用の丑がちょっと憂鬱じゃなくなった…。

 - , 行事食