いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

灯油の処分方法・ファンヒーターからの抜き方。去年の灯油を使えるのか?

   

灯油なんて1年前の使っても大丈夫!と思っていませんか?
実は、そう思って昔の灯油を使うと大変なことに……!!!!

っていうのは半分本当のことで、灯油は1年以上経過すると成分が変質することが多いです。
尤も、変質するまでの時間は、保存状態によってだいぶ変わるようですが。

ただ、変質しているのを知らずに石油ストーブやヒーターに入れて使ってしまうと故障の原因・不完全燃焼を引き起こして一酸化中毒になる可能性があり非常に危険です。

ストーブはボロだから壊れても(私は)まぁいいけど、一酸化炭素中毒は洒落になりませんよね…。
下の方に、変質灯油の特徴を書いておきますので、特徴に当てはまらなければ推奨はしないけどそれほど危なくはないというくらいのようです。
自己責任っていうのですね。

余った灯油を保存用オイル缶に入れれば安全に越冬?させることは可能ですが、わざわざ専用の缶を買うほどのことでもない気はするので、
今回は、石油ストーブとヒーターのタンクに残っている灯油の抜き方と正しい灯油の捨て方についてご説明します。

スポンサードリンク

灯油の処分方法

さて、まずはポリタンクに余っている分についてはどうしよう?という話ですね。

親戚・知り合いに譲渡して使い切ってもらうのが一番早いと思います。
が、それでも間に合わない場合。

有料の場合もありますが、ガソリンスタンドに持っていくと引き取ってくれることも。

まぁあとは、灯油の別の使い方として、油汚れのひどいものの洗浄(例えばエンジン回りの部品洗浄とか)にも使えます。
そういったことに使うもOK。
結局処理はしなきゃいけないし、可燃性なので細心の注意を払った方がいいとは思うので、最初からガソスタに持っていくのが一番いいかもしれませんね!

ファンヒーターからの灯油の抜き方

抜くというか、燃やして使い切ってしまうことが一番早い方法ですね。
もう年越してしまってたら、ベランダでストーブが壊れるの覚悟でストーブを燃焼させる方法もあり。
*年越し灯油が危ないと知る前は平気で使ってました。
かれこれ10年くらいは毎年去年の古い灯油を使ってましたが、ストーブは壊れなかったので意外と大丈夫かも?

スポンサードリンク

火を点けるほど灯油がタンクに残っていない場合は、庭に穴を掘って流す方法もあります。
ごく少量なら土に1か月くらいで還るとのこと。
ただ、ごく少量ってどれくらいなんだ?というのもよくわからんですよね。
基本的に自分で処理するのはしない方がいいかと…。
揚げ油を固めるので固めてしまえばいいじゃない!とお思いになるかもしれませんが、
4l、5lとある場合は、燃えるゴミに出すのは禁止行為になっています……。(もちろん火災のおそれがあるため)

油をファンヒーター・ストーブから出す方法はかんたんです。
タンクの方は、タンクを出してひっくり返すだけ。
微妙に本体の方に残っている分もあるはず。
灯油をポリタンクからタンクに移すときに使うスポイト(赤い頭の手で握ると吸い上げるやつ)で移します。

ただ、結構手間なので、正直燃やし切った方が早いと思われます…。

*ストーブやヒーターのタンクに余った灯油を抜き取る手順はご使用のメーカーの公式ホームページ・取説にて公開されている場合あり。
そちらを見た方が正確。

去年の灯油は使えるのか?変質灯油の見分け方

ここが詳しいです。
去年の灯油が不良灯油に当てはまらなければ、一応使っても問題ないといえばないんでしょうが、怖いですよねぇ…というところ。
不安なら、ガソスタに持っていく方がいいと思います。

不良灯油の使用禁止(日本ガス石油機器工業会):http://www.jgka.or.jp/consumer/sekiyu-riyou/anzen-sekiyu/touyu/

ざっくりまとめると、変質した灯油の見分け方は、
・透明のコップに灯油を入れて白い紙を後ろにあてて色の変化を見ます。灯油は本来無色透明なものですので、うす黄味を帯びていたりすっぱい臭いがしたりするものは変質灯油です。

保管する際は、
・日の当たらない風通しのよいところで専用容器で保管
・シーズン中でも、日光(紫外線)による酸化反応を防ぐため、日の当たらない風通しの良い所で灯油専用の着色容器に入れ、ふたをしっかり閉めて保管しましょう。

とのこと。

紫外線によって酸化が進むようなので、段ボールなどで日よけをする、日の当たりにくい場所に置くなどの工夫によって変質はある程度は防げるようです。

まとめ

今回は石油ストーブやヒーターのタンクに余った灯油の抜き方や捨て方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

まだまだ寒い時期が続くため、灯油を購入される方もいらっしゃるかと思います。

ですが、余ったからといって翌年まで持ち越したり、燃えるごみの日に丸ごと出してしまうのは大事故に繋がるため絶対に避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 - , 生活,