いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

七夕の笹に造花・人工のものってあるの?手作りは無理?代用品は?

      2016/04/06

七夕ですね!

笹飾りをつくろうとしたけど笹がない!
(本物の笹なんて街中では見ないですよねw)

本物の笹の方が見た目はいいけど、処理が面倒…。
(虫が出たり枯れたりするそうですし…)

と思っている方向けに、人工の笹や笹の代用品について簡単にお伝えしていきます!

スポンサードリンク
  

七夕の笹に造花・人工のものってあるの?

あります。
が、見た目があからさまにプラスチックだったり、意外と高かったりするようです…。

安いものだと、100均などに品ぞろえがある場合もありますし、
インターネットで探すと大人の背丈以上ありそうな笹の造花が、13000円くらいでありました。

少し小さめで良ければ、3000円くらいのものが通販などで買えるようですので、
それくらいが無難かな…?とは思います。

プラスチックの笹飾りなら、毎年使えるので経済的!ということで買う方法もあります。
ただ、小さなお子さんだと壊す可能性などもありますし、保管も面倒かなとも思います。

本物の笹だと花屋さん・ホームセンターなどで100~500円くらいで買えるとの話もあり、
100均のクォリティでもし不満に思われるようなら、実は本物の方がお安いかもしれません。

じゃあ笹の代用品を使えばいいんじゃない?

ということで、いくつか考えてみました。

1.笹のイラストを大きな紙に手書き・印刷してみる

ご家庭だと大きく印刷するのはなかなか骨が折れるかもしれませんが、
A4の紙に何個かに分けて印刷する方法もあります。

または、カレンダーの裏などに、お子さんに笹の葉のイラストを描いてもらい、
そこに短冊を貼り付けてもらったり、飾りを貼ってもらっても、楽しく過ごせると思います。

2.笹を折り紙で作ってみる

上部にビニールひもや、紙の輪っかをつなぎ合わせて紐状のものを置き、
笹の葉の飾りをその上部のひもから垂らして、短冊なども一緒に飾り付ける方法です。

スポンサードリンク

全て紙ですし、折り紙が好きなお子さんなら楽しんでイベントの準備ができるかもしれません。

3.そもそも笹以外の七夕飾りを使う

七夕は笹飾り以外にも、網飾り・くす玉(久寿玉という感じを書く場合もあります)で
飾る方法もあります。

詳しい作り方については今回は割愛しますが、
笹以外の飾り方があるんだよとお子さんに教えつつ、楽しんで手作りができる方法だと思います。

(私自身はいい大人ですが、私は今回記事を書いて初めて網飾りなるものを知りました。
ということで、このような大人にならないように教えてあげるのも良いかもしれません…)

笹の代用品で、工作しなくても済むもの

工作する方向で行く場合、一つ下の見出しまで飛んでください。

1.メモスタンドを使う

メモを挟んで立てる、メモが葉っぱになるようなタイプのスタンドに、
短冊かメモを挟んでみる方法です。

可愛いオブジェのようになるかな?と思います。

2.クリスマス用品を流用する

クリスマスツリーの飾りがついていないものに、短冊をつける方法や、
木のみのリースに飾りをつける方法もあります。

現に、名古屋市ではクリスマスの時期に、金の短冊状のものに願いを書いて、
クリスマスツリーに飾っている駅がありますw

それはクリスマスなのか、七夕なのかは謎ですが、
イベント自体としては楽しく過ごせるのでありかな?と思います。

まとめ

上に色々と書きましたが、
色紙にイラストを描いたり、パソコンの中で笹イラストにお願い事を貼ったり、
お手軽にする方法もあると思います。

七夕というイベントがあることを教え、イベントを通じて楽しむことができれば、
方法はなんでもいいのではないかなと、個人的には思います。

スポンサードリンク

 - 七夕