いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

お月見の由来を子供に説明する!何をするの?2016年のお月見はいつ?

   

お月見と言えば、白い団子をお供えして月を見る行事のイメージですね。
お月見の起源は古く、平安時代ごろから行われています。

秋の時期は空が高く澄み、月の輪郭もくっきり美しく見えます。
これまで意識せず過ごしてきた方も、今年はお子さんと一緒に、お月見を楽しむのはいかがでしょうか。

そこで今回は、2016年のお月見の時期やその由来について調べました。

スポンサードリンク

お月見の由来を子供に説明してみる

なんでお月見団子とススキをお供えするの?という疑問ですね。

秋の実りに感謝するためお月見団子を供え、ススキは魔除けとして飾るようです。
月見団子以外に、サトイモをお供えするところもありますが、江戸時代中期くらいまではサトイモがメジャーだったことの名残ですね。

お月見の由来は、以下の通り。

秋に月を見る習慣自体は、だいぶ古くからあったようで、単に月を見るだけなら縄文時代から習俗としてはあったようです。
が、日付は決まってなかったと。

また、サトイモを旧暦8月15日に食べる習慣もだいぶ前からあったそうですが、月を見ながらではなかったそうです。

そこに、「旧暦8月15日の日に月を見る」というお月見の習慣が、中国から奈良末期~平安時代に伝わって、上の二つの習慣がくっついたと。
(お月見が伝わった時期はちょうど遣隋使・遣唐使で中国文化を積極的に摂取していた時期ですよね)

伝わった当初(平安時代)は観月会と言って、単に月を見て酒を飲んで短歌を作って……という宴を催していたのみ
→そのうち上記のサトイモをお供え・食べて秋の実りに感謝しつつ、月を見て楽しむ日に
→江戸中期くらいからサトイモだけでなく、コメでできたお月見団子も飾って月を見て楽しむ日に
という現在の形に落ち着いたようです。

スポンサードリンク

また、月餅を食べる地域も一部あるようです。
もともと伝わってくる前の中国では、月見のとき月餅を食べる習慣があり、日本にも食べる地域が一部あるようです。
ただ中国では、家ごと、地域ごとに中に入れる具が違い、「おかあさんの味」だったようですが、
最近は量販店で買う人が増えたようで、徐々におかあさんの味が消えつつあるようです……。

お月見で何をするの?

ということで、お月見の日は、お月さまを見ながら秋の実りに感謝して、おいしく月見団子を食べればよいということですね!
ちなみに飾り終わったススキは、そのあと家に1年飾っておくと、その間ずっと家を守ってくれるという言い伝えがある地域もあります。

また、里芋の煮っ転がしを食べるのもいいですね。
飾り付けをするなら、秋の七草で飾るのもいいですね。
お月見の飾り付けの仕方まとめました

お月見の時期はいつ?

お月見は、旧暦8月15日と旧暦9月13日に行われます。
旧暦8月15日の月を「中秋の名月」や「十五夜」と呼び、旧暦9月13日の月を「十三夜」と言います。

旧暦は月をもとにした太陰暦ですから、1日=新月、15日目=満月、末日=新月となるように作られています。
なので、旧暦の日付は基本的に変わりません。
が、新暦=現在の日付に直すと、毎年時期が変わります。

2016年のお月見の時期がいつになるかというと、
十五夜は9月15日
十三夜は10月13日
です。

最後に

いかがでしたでしょうか? お月見って思ったよりも歴史のある風習なんですね。

忙しいと意識せずに過ごしてしまいそうですが、今年はお供え物して月見を楽しもうかなと思ってます。

また、気になる片見月についてもっと詳しく知りたい方は、2度見ないと縁起悪い?お月見の由来や起源を知ろう!をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

 - 生活, , 行事食