いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

彼岸の墓参りに行けないとき・お供えは送るべき?秋は2016年だといつ?

   

彼岸はあの世とこの世が一番近くなる日と言われ、古くから先祖にあいさつに行くためと墓参りをするのが習慣になっています。
(お盆は地獄の釜が開いて先祖が家に帰ってくる日、彼岸はこちらから先祖のところに行く日です)

ただ、春分も秋分も、お盆と違って長い休みが取れる時期ではないので、彼岸にお墓参りに行けないことも多いですよね。
そういう場合のマナーについてお伝えします。

スポンサードリンク

彼岸の墓参りに行けないとき

墓参りに行けないなら行けないで仕方がないとされることが最近は一般的です。

そういった場合は、
・お彼岸前後の時期に墓参りに行く
・お盆・お正月に行く
・彼岸の時期は自宅からお祈りする
などをしましょう。

無理していかなくても、心が大事だと言われます。
ちょっと普段しないようなお経をあげてみるとか、手を合わせて日ごろの生活に感謝してみるとか、ご先祖様に感謝する機会にしてみてください。

彼岸にお供えは送る?

墓参りに行けないから、お供えくらいは送るべきなのかな…?と思うかもしれません。
送らない人の方が多いようです。

スポンサードリンク

送るとしたら、結婚してすぐのお相手に送るくらいですね。
ただ、送られたら送られたで、相手もお返しを考えなくてはいけませんから、
まずは「お彼岸なのにうかがえずすみません」と一言お詫びをいれて、その時の反応を見て決めたらいいかと思います。

彼岸 秋は2016年だといつ?

ちなみに、2016年はお彼岸の期間は、2016年9月19日~25日です。

お彼岸というと、春分と秋分の日だけのイメージが多いですが、秋分・春分の日だけではないです。
春分と秋分を挟んで前後3日ずつがお彼岸です。

お彼岸に入る日のことを「彼岸入り・彼岸の入り」といい、お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け・彼岸の明け」といいます。
「春分・秋分」とは、太陽が春分点・秋分点に達した日のことをいい、定義上は昼の長さと夜の長さが一緒になる日です。
(定義上はというのは、一番昼と夜の長さが同じに「近しくなる」日であって、完全に一緒になる場合とならない場合があるためです)

ちょっと脱線しましたが、7日あるので、お彼岸中に一回は土日を挟んでいます。
春分・秋分の日には行けないなーと思っていた方、その間に行けるならお彼岸の墓参りができますよ!というお知らせです。

まとめ

以上、お彼岸に墓参りに行けないんだけどどうしよう?という場合のマナー・対応についてまとめました。
ご先祖様に感謝して、明日からも頑張って生きていきましょう!

スポンサードリンク

 - 生活,