いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

銀行の年末年始の休みって?振込の期限・窓口・atmなどまとめました

   

銀行は基本カレンダー通り。
じゃあ、年始年末っていつが休みなの?ということで調べてみました。

スポンサードリンク

銀行の年始年末の休み

基本的に銀行の年始年末の営業日はどこも同じです。
みずほもUFJも三井住友もゆうちょも年始年末のお休みは一緒。
地方銀行・信金なども一緒です。

2016年~2017年にかけての休みは12月31日~1月3日です。

ただ、最終の営業時間は金融機関によって異なります。
窓口を開けている時間が金融機関によって異なるためです。

基本的には、窓口が開いている時間帯は平日9:00~15:00です。
三菱東京UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行は確認したところ15:00まで。
土日営業やってます!と書いてあっても、それは資産運用のアドバイスを受け付けているだけのことがほとんどで、
一般的な窓口業務は行っていないことがほとんどです。

ゆうちょは窓口次第ですが、大きめのところだと遅くまで開けているところが多いようです。
ゆうちょの窓口は、16:00~18:00のどこかで閉まるとのこと。

年始年末、お年玉などでどうしてもピン札が必要なら、窓口へお急ぎください。

三菱東京UFJの店舗・ATM一覧
三井住友銀行の店舗・ATM一覧
みずほ銀行の店舗・ATM一覧
ゆうちょ銀行の店舗・ATM一覧

リンクご活用ください。

銀行の振込 年末年始

窓口で当日扱いで振り込みたい場合、午前中に銀行窓口に行けば確実です。
〆が早い銀行だと、13:00に当日扱いを締め切る銀行もあります。
一般的には当日扱いにしてくれるタイムリミットは14:00前後が多いですね。

それを過ぎると、どうしてもと頼めばやってもらえる場合もあるものの、翌営業日扱いになります。
とはいえ、特に月末・年末は混みあうため、頼み込んでも事務がどう頑張っても間に合わないという可能性も…。

もし12月30日の当日扱いを逃した場合は、翌営業日である1月4日に先方に着金することになります。

ATMなら、15:00までは当日扱いでしてくれるところも多いです。
当日扱いにできない時間帯だと、ATM画面に「翌日扱いになります」などと表示されることが管理人の経験上だとほとんどです。
ただ、ATMだと銀行によって違うものの、基本的に50万円~200万円前後でロックがかかることが多いです。
多額を送金したい場合は15:00までに窓口へ行きましょう。

ATMは年末年始も大丈夫 コンビニに行こう!

年始年末は一般的な休日扱いと変わらない銀行が多いです。
現金がどうしても必要な場合は銀行ATMに行くか、コンビニに行きましょう。
ただ、手数料がかかることがほとんどです…。

最近はコンビニATMやセブン銀行などと提携している銀行がほとんどなので大丈夫かとは思いますが、
提携になってないと出せませんのでご注意を。

また、真夜中など出せない時間帯がある場合もあります。
夜に出せなかったとしても、昼になると出せる場合があるのであきらめずに再チャレンジを。

まとめ

年始年末の銀行営業日についてまとめてみました。
現金がなくてもクレジットカードで何とかなることが増えてきていますが、お賽銭・お年玉にクレジットカードは使えませんからね!
前もってお金の準備はしっかりとしておきましょう。

スポンサードリンク

 - , 年始年末, 生活