いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

虫よけスプレーの手作り方法!虫よけ効果のある精油・アロマでの虫除けレシピ

   

オーストラリアではユーカリオイルを使って虫よけをすることがあります。
ユーカリオイルそのままを使うと毒性が結構あるのですが、適宜希釈することで自分でも虫よけスプレーが作れます。

ユーカリ以外にも虫よけ効果のある精油がいくつかあります。

一般の虫よけでも良いのですが、一般の虫除けにはディートと呼ばれる成分が含まれています。
かれこれ50年近く民生用として使われている成分なので、安全性は高いと思われるものの、
人によってはアレルギー・肌荒れを起こすことがあるので心配です。

ナチュラルな素材で虫よけスプレーを作れると安心ですね。

虫よけスプレーを手作りできるの?

虫が嫌がる代表的な香りは、
ユーカリレモン、レモングラス、シトロネラ、ゼラニウム、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ
等です。

基本的なレシピは、
無水エタノール10ml : 精油 1ml(20滴くらい) : 精製水 90ml
です。

エタノールを入れる理由は、
1.精油は「油」なので、油が溶けやすいものに先に溶かしてから水に加えるとよく溶けるため
2.日持ちを心もち良くする
の2点です。
ただ、エタノールに弱い方は、無くても2層に分かれるだけなので、よく振れば良いという考え方もあります。
先にエタノールを容器に入れ、精油を入れ、精製水を加えると完成です。
プラスチック容器よりは、色付きガラスの容器の方が品質保持の意味でおすすめです。
精製水でなくても、水道水でも気にならないなら十分です。

注意が必要なのは、防腐剤が入っていないため、なるべく早く使い切ることです。
2週間くらいなら大丈夫と書いてあるところも見ますが、個人的には1週間くらいで使い切った方が良いのではないかと思います。

虫よけ効果のある精油

虫が嫌うオイルとして一番よく使われているのは
【シトロネラ】だと思います。大体どこのオーガニックメーカーの虫よけにも含まれています。

蚊が嫌う成分は、シトロネラにも含まれる、シトロネラール・シトロネロール・ゲラニオールなどの成分です。
以下効果のあるといわれる精油を列挙します。

特に蚊対策だと次の3つ。
シトロネラ
レモンのようなさわやかな香りと言われます。ただ、個人的にはレモンより少しもったりしたようなにおいだと思います。

レモングラス
レモンのようなにおいがするため付けられた名前です。草なので、薄めたレモンというか、草っぽい匂いをブレンドしたレモンのような香り。

ゼラニウム
色々な匂いがありますが、華やかなフローラル系の香りです。上二つよりは蚊除け成分少な目ですが、甘い匂いが好きな方はぜひ。

それ以外に虫よけで使われるのは、
ラベンダー
小さい虫(衣類やカーペットなど)除けに使われてきた花です。引き出しにポプリ入れるなど。
精油として虫よけスプレーで効果が出るかは微妙なところ…?ですが、シトロネラやレモングラス単体で入れるより香りが良くなります。

ペパーミント
同じく防虫に役立てられてきた植物です。成分はシトロネラやレモングラスより少なめ。
ですが、香りの相性がレモングラスなどと良いので一緒に入れるといいかも。

ユーカリ
虫よけに使われますが、刺激が強いのでちょっとでいいと思います。
鼻が詰まっているときには少し使うととても効きます。

単品で入れるなら、シトロネラ・レモングラス。
サブでゼラニウムやラベンダー・ペパーミント等足すと一つだけの匂いより楽しめると思います。

アロマの虫除けスプレーレシピ

試してみたレシピをいくつかあげます。

1.シトロネラ5滴、ゼラニウム3滴、ラベンダー2滴
レモンのようなすっきりとした香りに加えてフローラルな香り。

2.レモングラス7滴、ペパーミント2滴、ユーカリ1滴。
柑橘の香りと、夏らしいミント・ユーカリのさわやかな香り。

3.シトロネラ3滴、レモングラス2滴、ゼラニウム2滴、ラベンダー2滴、ペパーミント1滴。
トップノートにレモングラスとペパーミント、そのあとフローラルな香りがしてきます。
お店で売っているタイプにこれが一番近いかも。

まとめ

精油は少々お高いですが、きちんとしたものを買った方が濃度だとか不純物の観点から良いかと思います。
虫よけだけならシトロネラ、加えて香りも楽しみたければもう1つ2つ買いそろえると楽しいですね。

ルームフレグランス代わりにも使えますし、虫よけ効果もあるスプレー作ってみてください。
体でなく、服にスプレーするときにはシミにならないか、目立たないところで一度試してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 未分類