いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

七五三で親はどんな格好をすればいい?母親の着物 訪問着、色無地は地味?

   

七五三参りで親の服装は重要です。
というのも、写真で残るから!

動きにくさはあれ、せっかくなら親も着物を着たい!という方向けガイドです。(一般論)
七五三で着る母親の着物にふさわしいのは何か?

当日はお子さんの七五三姿で気にならないでしょうが、あとから自分の姿を見てどんよりなるのは避けたい…。

七五三の親の着物

お母様の七五三の服装は子供がメインなので少し控えめなものが良いとされています。
また、神社にお参りに行くわけなので準礼装(セミフォーマル)くらいのものが良いです。

教科書的には、着物のフォーマル度は
留袖(第一礼装)
→ 訪問着・付け下げ(準礼装)
→ 色無地・江戸小紋(帯合わせで準礼装になる)
→ 小紋
の順です。

レンタルする場合、訪問着・付け下げ・色無地 と書いてあるあたりまでのものが無難です。

小紋まで行くと、柄いきにもよりますが「余所行きのワンピース」なのでちょっと格が低いかも。
(ちょっと都会まで買い物に行こう!ってときに着るようなキレイめワンピのイメージです。。)

七五三の母親の着物 訪問着・付け下げの場合

お母様が七五三で訪問着をお召しになると華やかになると思います。
というのも、色無地は柄のない着物です。(無地って書いてあるから当たり前?)

訪問着・付け下げは柄(絵羽模様といいます)が裾~袖にかけて入るので、見ていて華やかです。

一方で、七五三の主役はお子様!なので、子供の七五三の着物とのバランスを見てください。
・色が正反対になっていないか?
・子供の着物に比べて色が派手すぎないか?

お子さんの着物と同系色の色にするのも素敵だと思います。

おすすめの色は、クリーム色など淡いパステルカラーの着物に、吉祥柄の袋帯など。
明るく装え、主張しすぎない色なのでお子さんがうまく主役になってくれると思います。

可能であれば、肩に着物の色を当ててみて、顔色が悪くならないかを見てください。
手を当てて血色がよく見えるものが似合う色、とも言われます。

スポンサードリンク

着物は面積が洋服に比べて大きい分、如実にその色が似合う似合わないが出ますので、
レンタルされるにしろ、購入されるにしろ、個人的には実地で見るのをオススメします。

七五三で色無地は地味?

色無地は上で書いた通り、無地の着物なので地味に見えるのではないかと心配される方もいます。
一方で、色無地は柄がないため帯がとても良く映えるお着物です。

実家に豪華な帯がある、だとか
お店に行ってこの帯が素敵と思った、だとか
そういったことがあれば色無地を選ぶと帯が生きると思います。

格としても準礼装として十分通用するものですし、
訪問着と比べてすっきりと上品に着物を着られると思います。
格が合わなくなるのは洒落帯といって、動物が描いてあったりするようなポップな帯を締めた場合なので
金糸銀糸の入った素人目でも「豪華な帯」なら問題ないでしょう。

基本的には帯の中の一部にある色を着物として選ぶと良いです。
例えば、金地にオレンジと緑が入っている帯なら、ペールオレンジや黄緑の色無地が良いでしょう。

黄色が強いと似合わない、青色が強いと似合わない等(化粧のイエベブルベと同じです)
肌色と髪の色で結構個人差があるので、特にピンクと緑は注意してください。

ピンクは、サーモンピンクから紫よりのピンクまで
グリーンは、黄緑からエメラルドグリーンまで(暖色系か寒色系かすら違う)
あるので、実際にモノを見るのが良いと思います。

まとめ

着物を着るなら訪問着・付け下げ・色無地が良いと思います!
訪問着の場合、派手すぎに注意。色無地の場合、帯合わせに注意して地味すぎないものを選びましょう。

なお、再三書いてますが、モニターは騙されますよ、実地でモノを見るのがいいです。
(薄紫だと思って買った着物がサーモンピンクでショックだったことがあります……。安い買い物でもないのに。)

満足のいくお着物を着て、良い思い出となりますように。

スポンサードリンク

 - 七五三,