いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

タオルがピンクに変色した原因!カビ除去には煮洗い・漂白剤が有効?

   

先日のことですが、
バスタオルやシャツなどがピンクに変色してしまった!

なんとなく染みのようにピンク…?
どうしてピンクになったのか…?
赤いものとは一緒に洗濯してないのに!

と思って調べてみたら、どうやらカビが原因のようです。

カビって黒くなるイメージしかなかったんですが、ピンクにもなるんですね。
今回はそうなったときの対処法をお伝えします。
この対処法は黒カビのときも効果的です!(黒い粒粒がタオルに見えるときは黒カビの可能性あり)

スポンサードリンク
  

タオルがピンクに変色した原因

カビです。
系統としてはお風呂の水アカと呼ばれるカビと同じ赤カビです。

洗濯物がうっすらピンクになっている(=カビを視認できる)段階でかなり繁殖していた模様…。
ここを起点にさらにカビが他の洗濯物や洗濯漕に広がる可能性大!!!

そして、一度ピンクになったタオルは通常の洗濯だともう落ちません…!
諦めて捨てるか、煮洗いをしましょう。

ちなみに、赤カビは毒性としてはそこまでない(黒カビなどの方が強い)とのこと。
ですが、カビアレルギーの人間にとっては脅威です。

洗濯物のカビには煮洗いが良い

これが面倒ならそのタオルはもう諦めて捨てましょう…。

用意するもの

・ピンクになった臭いタオルなど

・酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム。粉)
 塩素系ではないので注意してください

・粉洗剤

・ホーローかステンレスの大きい鍋

・タオルをつかむためのトング(箸だと持てない…)

分量

水1Lにつき
漂白剤小さじ1杯程度。
粉洗剤小さじ1杯程度。

入れすぎ注意。

方法

1.鍋に上記分量を入れ、沈めて煮る。噴きこぼれ注意(20~30分)

2.取り出して水にさらす(熱いため)
  そのまま2時間くらい冷めるまで放置してもいい

スポンサードリンク

3.洗濯機で濯ぎ・脱水をする

4.干す(できたら太陽光に当てる)

その他注意

・洗剤はなくてもいい(漂白剤のみでも可)

・洗剤は粉が良い

・鍋はアルミ・鉄・銅は不可(漂白剤と反応するから)

・換気扇は回してください

・化繊ものは溶ける可能性があるので温度表示のタグをしっかり見てください

・汚れが戻りそうなので個人的には冷めるまで放置より取り出して水にさらした方がいい気がする(実際は戻るのか不明)

・煮るのが面倒なら50℃以上のお湯に2~3時間つける方法もあります。
が、温度は50℃以上を維持しないといけません(カビが死滅しない)。
夏場以外は、維持が大変なのでよほど大量に煮洗いする場合・煮たら溶ける素材以外はあまりおすすめしません。
その場合は漂白剤の分量をやや多めにしてください。

カビをタオルから除去するプラスアルファで

毎回毎回こうやって漂白するのも良いのですが、まぁ……めんどうですよね(笑)
これくらいなら捨てるわ!とやりたいところですが、毎回タオル捨てるのもそれはそれでもったいない…。
(なんとなく一個ピンクになると新しいのも古いのもピンクになってる気がするし)

なので、プラスアルファで予防策です

・洗濯物はなるべくすぐ乾かす
・なるべく日光に当てて殺菌する
・漂白剤を毎回入れて洗濯する
・洗濯漕を掃除する

あたりをやるとカビが繁殖しにくくなります。
バイバイカビさん!

まとめ

以上カビが生えたあとの対処とその予防法をお伝えしました。
まぁ一つのタオルを大切に使うか、どんどん新しい安いタオルを使うかは価値観の問題ですね。

ひとまず管理人は新しいタオル(=990円3枚組)と酸素系漂白剤(=330円1袋)をはかりにかけ、
手間がかかっても漂白することを選びましたw
タオルって意外と高いんですねぇ…。

スポンサードリンク

 - 未分類