いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

7月の誕生石の石言葉とは。ルビー・カーネリアン・インカローズ

   

誕生石が月ごとに決まっていますが、それぞれの石に石言葉があるのはご存知でしたか?
プレゼントするときに、どうせなら石言葉について知っておきたいですよね。
また、石の選び方(お値段・品質・産地など)についても知りたいですよね。

7月の誕生石として有名なのはルビーですが、ルビー以外にも7月の誕生石はあります。
カーネリアン・インカローズなど基本的には夏らしい赤い色の石が選ばれています。

今回はその7月の誕生石の石言葉・由来などについてお伝えします。

スポンサードリンク
  

7月の誕生石の石言葉

7月の誕生石で、一番有名なのはルビーです。
ルビーの意味は、「勝利」「情熱」などがあります。

ルビーの赤は血液を示しています。
血の意味合いから、不老不死・生殖・戦い・愛・病気の治療などとも関連があり、人にエネルギーを与えるとされています。
(アジアでも辰砂という赤い鉱石が不老不死の妙薬として珍重されたこともありますし、赤い色は生命を連想されるのでしょう)

また、病気・呪い・邪眼などから主人を守る魔除けの石・真実を見抜く石ともされています。
そのため商売関係の人にも好まれる石ですね。
そして、カリスマ性や華やかさ・情熱的な魅力などを増すともされ、多産と豊穣の石とも言われています。
パワーストーンとしても良く使われます。

例えば、古くは戦場で用いられた宝石であり、持ち主に危機が迫ると退色してそれを伝えるとされています。
(実際に紫外線や熱で退色の可能性あり)

鉱物としてはコランダムで、サファイヤの親戚です。
赤~赤紫の発色がでます。
混ざりものとして、クロムが入っています。クロムの量によって、ピンク~濃い赤の色合いになります。
産地としては、ミャンマー・タイ・スリランカなどが有名です。
蛇足ですが、ガーネットもルビーも赤い宝石ですが、
ルビーはピンク・紫・赤の色合いなのに対して、ガーネットは朱・赤・オレンジ系統の色合いですね。

最高級品は、ピジョンブラッドと呼ばれるミャンマー産ルビー。
鳩の血(見たことありませんが)のように真っ赤です。
お値段もかなりのものです。
おそらくですが、ミャンマー以外の産地で、安くて、とても綺麗な赤をしているルビーは人工ルビーです…。

タイ産の物は、ビーフブラッドと呼ばれるやや赤黒い色をしたルビー、
スリランカ産のものは、チェリーピンクと呼ばれるピンク色のルビーが多いです。

スリランカ産の方がタイ産よりも同じ価格帯でも可愛い色をしたものが多いと思いますので、
女性の方にあげるならスリランカ産の物の方がいいでしょう。

また、スターサファイヤの方が有名ですが、スタールビーと呼ばれる石もあります。
球形(カボッション型)に磨き上げると、中央に白い筋が「*」のような形で浮かび上がる宝石です。
希少性が高く、色よりも星の出方で価値が決まるようですね。
指輪にするのが良く好まれます。

スポンサードリンク

7月の生まれの誕生石:カーネリアン

カーネリアンも赤色系統の石ですが、オレンジに近い色合いが出ます。
メノウ(アゲート)の一種なので、縞模様が入ることが多いです。
瑪瑙としての価値は、この縞模様の入り方が綺麗な物の方が高いです。
印鑑に使う方もいらっしゃいますね。

カーネリアンの意味合いとしては、「勇気と行動」です。
さらに簡単に言ってしまうと、やる気を出させる石。イケイケ方向に気分を持っていってくれます。
好奇心を刺激し、集中力を増し、エネルギーを高めてくれます。
やはり血に関する話が多く、血の気を増す(良い意味でも悪い意味でも)効果があるとされています。
効果は精神面にも、肉体面にもあるとされているため、滋養強壮的な暗示を持つ石ですね。

鉱物の種類としてはカルセドニー(玉髄)と呼ばれるものの一種で、石英の結晶が塊になったものです。
赤は主に酸化鉄がもとだとされており、そのため日光に当てると赤が濃くなる場合があります。
(さらに酸化が進むということのようです)

プレゼントにするには、少し難ありかもしれません。
大き目にカットしてネックレス・お数珠としてパワーストーンで使用なんかではよく見ますが、逆にそれくらいしか見ない気も。
縞瑪瑙というとどうしても印材のイメージがあるので…。
印鑑としてプレゼントするなら高級品になると思いますよ!(笑)

パワーストーン界隈では、よくエネルギー値をあげる石として使われていますね。

7月の生まれの誕生石:インカローズ

インカローズはピンク系の石です。
カーネリアンと同じく縞がはいることが多いですが、こちらはカルサイトといって違う種類の石です。
恋愛に効果がある石と本などではよく書かれていますね。

意味合い・効果としては、情熱を高めたり、気力・疲労の回復などとよく言われます。
こちらもエネルギー値を高める石とされており、性的魅力を増すだとか、若々しくいられるだとか言われます。
引きこもりを改善するとも言われますねw
要は前向きに生きていくためのエネルギーを供給してくれる石です。

硬度が低いので、割れやすい・削れやすい・傷がつきやすいです。
紫外線にさらすと退色します。
気のせいかもしれませんが、心なしか割れやすくなる気もしますのでご注意を。

主な産地としては、アルゼンチンやアメリカ。
透明感のある石、色の濃い石、縞模様が美しい石の方が価値が高いです。

ストラップなどにすると綺麗だし可愛いかなと思います。
ネックレスにしたものも見たことがありますが、透明感のある石だとそれなりのお値段が…。
5万円とかそれくらいですかね。

まとめ

7月の誕生石の石言葉についてまとめてみました。
なにかの足しになれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 誕生石