いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

9月の誕生石の石言葉とは。サファイア・ラピスラズリ・アイオライト

   

誕生石が月ごとに決まっていますが、それぞれの石に石言葉があるのはご存知でしたか?
プレゼントするときに、どうせなら石言葉について知っておきたいですよね。
また、石の選び方(お値段・品質・産地など)についても知りたいですよね。

9月の誕生石として有名なのはサファイアですが、サファイア以外にも9月の誕生石はあります。
サファイアは品質次第ですがお値段もそれなり……。

サファイア以外だと、ラピスラズリ、アイオライトなど濃い青系の石が並びます。
ペリドットとするところもあるようですが、ペリドットは8月がメジャーかなと…。気になる方は8月のページをどうぞ。

今回は9月の誕生石の石言葉・由来などについてお伝えします。

スポンサードリンク
  

9月の誕生石の石言葉:サファイア

サファイアは、ご存じの通り青色の石です。
ルビーの親戚で、コランダムと呼ばれます。
ルビーはクロムが混ざりものとして入っていますが、サファイアは鉄と微量のチタンが混ざりものとして入っています。

が、実は青い色の物ばかりでもなく、ピンクサファイアという言葉もあるとおり、
イエローサファイアなど色はいろいろありますね。
青系統でも、インクブルーのように濃い色あいから、グリーンに近い淡い色合いまでさまざまあります。
赤いコランダム以外はみんなサファイア扱いです。

基本的なブルーサファイアの意味合いとしては、真実・誠実・正直さです。
天空の色・海の色を持つ神秘的な石であり、神の祝福を表します。
ゆえに真実を見抜く石・知恵の石・裏切りを伝える石・賢者の石としても珍重されたようですね。

モーセが授かった十戒もサファイアに彫られていたという説もあります。
(石版にサファイアが嵌っていただけだとか、古代の「サファイア」は青い石全般かラピスラズリを指していたという説もありますが)
神の祝福を示す石のため、聖職者や王侯貴族はサファイアを好みました。
また、昔はサファイアを結婚するときにお互いに贈り合う風習があった地域もあるようです。(サムシングブルーってやつですね)
それで神の祝福を得た結婚・生涯の伴侶を裏切り、浮気をすると白く濁るという言い伝えがあったり…。

また、集中力・直観力を高めてチャンスをつかむための助けになったり、
神の祝福の意味から魔除けになったり、金運を高めたりという意味もあります。
自らを落ち着かせ、自身の良心に正直になる力も与えてくれそうです。

石の性質としては、コランダムなのでモース硬度が高くダイヤモンドに次いで9。まず日常生活で傷つくことはないでしょう。
むしろほかのものが傷付くかなと…w

産地としてはオーストラリア・タイあたりが有名です。
インドのカシミール地方で採れたものが最高級品ですが、手に入れるのは非常に難しいでしょう。(紛争地域なので現在採掘されていない)
それ以外にもスターサファイアといって、星模様のように白く『*』が浮かび上がるサファイアがあり、綺麗な青で星も綺麗に出ているとなると下手なダイヤモンドより高いですね…。

9月生まれの誕生石:ラピスラズリ

ラピスラズリもサファイアと同じく青色の石です。
ただし、様々な鉱石がまじりあってできた石のため、金色・白色・青色あたりが混じり合ってできた色をしています。
混ざっているためその境界から割れやすい石でもありますので、取り扱いには多少の注意が必要です。
(温度差とか水とか汗とかには弱い)
和名では「瑠璃」ともよばれます。

「不運を寄せ付けない」働き、転ばぬ先の杖となる意味ががラピスラズリにはあります。
また、「知恵の石」、「神の石」ともされます。誠実さよりも、知恵やラッキーアイテムとしての側面が強いのがサファイアとの差ですね。

ラピスラズリは天空の石とも言われ、深い青が空を、表面に散る金の粒が星を表すとも言われてきました。
天とつながる・偉大なる宇宙の叡智とつながるとされ、「知恵の石」、「神の石」とされているのもサファイアと似ていますね。
アフロディーテと関連があり、恋人たちの愛を守るともされています。
世界中でよくある話ですが、青・赤の原色は魔除けの意味を持たされることが多く、このラピスラズリも魔除けの意味合いを付与されています。

プルシアンブルーが開発されるまで、青の顔料といえばラピスラズリの粉末という時期が長く、
フェルメールの絵やツタンカーメンの青もラピスラズリだと言われています。

ラピスラズリは染色されたものも出回っており、ジャーマンラピスなどのほかの名称がくっついているものは染色物が多いです。
表面に金の粒が散っているものは本物率が高いとのこと。

ネックレスやブレスレットなどに加工され身に着ける方が多いですね。

9月生まれの誕生石:アイオライト

アイオライトもサファイア・ラピスラズリと同じく青色の石です。
ただし、見る方向によって色が変わる性質があるのが一番の特徴です。
ある方向から見ると青いのに、90度傾けると黄色っぽく見えたり透明に見えたりする不思議な石です。

アイオライトの意味は、「道を示す」というものが強いです。

これからの自分の進路として道を示してくれたり、
多色性から世界の多層性・物事の様々な側面を感じさせてくれ見させてくれる力を持っているとされます。

物事の見方を様々にしてくれることから、全体を俯瞰する力を与えられ、自分の行き先を決める羅針盤としての役割があるとも言われています。

褪めた青色が美しく、宝飾品にも使えますし、迷いを取るという意味合いからも持つと良い石かもしれません。

まとめ

以上9月の誕生石の意味についてまとめてみました。

個人的な一押しはアイオライトですが、サファイアもラピスラズリも天空の石ということでロマンチックですよね。

スポンサードリンク

 - 誕生石