いろいろ日記

日々気になった豆知識・雑学・変な話を書きとめていくブログです。

10月の誕生石の石言葉。オパール・トルマリン・ローズクォーツ

   

誕生石が月ごとに決まっていますが、それぞれの石に石言葉があるのはご存知でしたか?
プレゼントするときに、どうせなら石言葉について知っておきたいですよね。
また、石の選び方(お値段・品質・産地など)についても知りたいですよね。

10月の誕生石というと、オパール・ピンクトルマリン・ローズクォーツがパッと出てくるかなと思います。
白からピンクの色合いですね。
他にはラピスラズリやピンクサファイアなども挙げられます。9月の誕生石に詳しく書いてあるので興味のある方はご覧ください。

今回は10月の誕生石の石言葉・由来などについてお伝えします。

スポンサードリンク
  

10月の誕生石の石言葉:オパール

10月の誕生石といえばオパールですね。
半貴石と呼ばれる類の石です。和名は「蛋白石(たんぱくせき)」
地色によってブラックオパール・ホワイトオパール・ファイアーオパール(オレンジ色系)などなど分類されます。

遊色効果といってみる方向を変えると色が変わるのが特徴です。
この遊色効果があまりないものは宝飾品には使えないということで安値で売られたり、遊いろ効果はあるけど薄いオパールと貼り合わせたりして売られています。

シリカが主成分の石の中に水分が閉じ込められているため、高温・乾燥には要注意です。
水分がなくなるとひび割れます。クレージングという現象です。
日本は高温多湿なのでそこまで問題ないように思いますが、乾いている日が続いたときは水の入ったコップを隣に置いて保管してもいいかもしれません。

オパールの独特の光は自由なエネルギー・クリエイティビティを象徴します。
希望をもたらす光であり、自分自身のあり方を自由にする力・新しい価値観を持つための背中を押してくれる力があります。

また、在り様が変化することから、変化の力も持っている石です。
自分をより自由に、変化させたい人にはおすすめですね。

ただし、変化には何か犠牲がつきものです。そのため「何かを犠牲にして希望の光を得る」という意味合いもあります。
天命を尽くして人事を待つというような意味合いもありますので、努力とともにオパールを持つようにしましょう。

産出される土地は、オーストラリアなどが有名です。昔行ったときはオパール掘りツアーなるものもあったくらいです。
出てくる石はちっちゃいか薄いのばかりでしたが…

10月生まれの誕生石:ピンクトルマリン

ピンクトルマリンはピンク色のトルマリンです。
健康グッズなどでよく使われているトルマリンは黒色のものが多いと思いますが、特にトルマリンの中でもピンクの物を指します。
ちなみに、グリーン・レッド・ブルーなどほかの色もあります。

スポンサードリンク

和名は「電気石」です。名前通り帯電性質があり、マイナスイオンを作ったり、遠赤外線を放出したりします。
この石はいろいろな鉱物が混じり合ってできていますので、温度差・汗・超音波洗浄などには弱いです。
(鉱物ごとに膨張率が異なるので温度差はひび割れの原因になります…。汗などの塩分も鉱物同士の隙間に入り込むとよくないです。)

健康効果があるとされ、持つ人をリラックスさせ、体を活性化させてくれます。
精神的な面では、落ち込んでいた気分を浮かび上がらせたり、やる気を出させたりもします。

トルマリンは全体としてその帯電性質から、引き寄せる意味合いが強いです。
その中でも、ピンクトルマリンは恋愛系に強く、愛情を引き寄せる力があります。
ただし、そこまで強力に何が何でも引き寄せるというほどのものではありません。
元はパイプの中の灰を静電気で引き寄せていたような石なので、そのくらいのイメージがいいと思います。

また、イオンを調和させるという性質から、物事を調和させる意味合いもあるようですね。

可愛い色のものもおおいので、ローズクォーツやムーンストーン、インカローズなど恋愛系の石と合わせてお数珠にしてもいいかもしれませんね。

10月生まれの誕生石:ローズクォーツ

ローズクォーツはピンク色系統の水晶です。
アメシスト・シトリン・黒水晶などとも親戚ですね。

恋愛系に役立つとされます。また、受容と赦しを示す石です。
アフロディーテ(別名ビーナス。愛と美の女神)とよく関連づけられます。

ありのままを受け入れられるようにしたり、他者に寄り添い受け入れる力を授けるともされています。
また、自分に対しても、自らを赦し受け入れることから心の傷・トラウマを癒す効果があるともされ、失恋したときにも効果的と言われます。

ただし、失恋した後復縁を希望する場合や、あの人を振り向かせたいといった場合には、
ありのままを受け入れるようにする石なので力不足と言えるかもしれません…。

ストラップ・ネックレスなどでよく見ますね。
透明度は低いものがほとんどですが、水晶なので硬度はかなりありますので日常で割れることも少ないでしょう。

まとめ

以上10月の誕生石の意味合いについてまとめました。

ピンク・白系統の石が多くかわいらしいものが多いですね。
合わせてお数珠にしてもいいですし、ストラップなどにしても可愛いかなと思います。

スポンサードリンク

 - 誕生石